下記の「サンルームへようこそ」の文字をクリックすると、ホームページをご覧になれます。
サンルームへようこそ

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2013年11月28日

アーツ前橋

前橋に行ったついでに「アーツ前橋」に寄りました。



すっきりした、明るい美術館です。大型絵本や、リビングにお風呂がある、モバイルハウスが展示してありました。カメラOKだったので、アップしました。

ほかにも素適な作品がたくさんありましたよ。



  


Posted by プッチ  at 22:16Comments(0)くらし

2013年11月27日

中はチューリップの球根!

土の中はチュウリップの球根です。



ひいてみるとこんな感じ。サンルームの秋の庭です。



鉢のそれぞれの真ん中にパンジーを植えようと思っています。周辺の土の中には、球根が埋まっています。

新聞30号をアップしました。新聞はしばらくお休みします。突然発行するかも、なんですが、その時は、またよろしくお願いします。  


Posted by プッチ  at 22:33Comments(0)サンルーム

2013年11月26日

葉牡丹の季節

葉牡丹の季節 ですね。

今年も葉牡丹を植えました。



去年は間にチューリップの球根を埋め込んだんですが、今年はやめました。理由は、葉牡丹を菜の花まで楽しむので、チューリップは別植えの方がいいと、判断したからです。  


Posted by プッチ  at 20:34Comments(0)グリーン

2013年11月25日

柱時計



これは、我が家の柱時計です。かれこれ30年近くになる、柱時計といっても、電池で動いています。

寺山修司没後、30年なのだとか。園子温監督と歌人の穂村弘さんの対談TVの録画を観ました。

寺山修司の作品には「柱時計」が、よく使われるのだとか。柱時計の下で、お母さんの帰りを待っていたのだ、と、番組で言われていました。きっと、うちにかかってるのより、ずっと大きな柱時計だったんだろうと思います。

寺山修司は好きでも嫌いでもない、よくわからない、でも、亡くなってから30年たっても特集番組が放送されるくらいだから、すごい人なんだな、と思いました。  


Posted by プッチ  at 21:32Comments(0)きょうよう

2013年11月24日

豆腐がない!



買ったはずの豆腐がない。レシートを見ると打たれていない。つまり、豆腐のお金は払ってないということ。でも、この豆腐を買おうと賞味期限まで確認して…。

そこまでしっかり覚えているのに、買ってない。

最近、こんなことがよくあって…

ぼけの始まりかな。「ためしてガッテン」で、心臓が悪いと意識がとぶんだって、そんなことも言っていたけど…、それかな?

「当事者はそれほど深刻にはかんがえていないんです。」と、とある大学の先生がお話していたけれど、ま、私も、そんなには深刻にはかんがえていないんだけれど、でも、認知症になんてなったら、周囲は深刻に考えますよね、と、思ったのでした。  


Posted by プッチ  at 21:51Comments(0)くらし

2013年11月21日

山茶花とゼラニウム

どんどん、冬に向かって寒くなっている感じです。でも、心和ませる花もちらほら咲いてくれていて、ほっとします。



  


Posted by プッチ  at 14:29Comments(0)グリーン

2013年11月20日

世界が食べられなくなる日



ドキュメンタリー映画です。

遺伝子組み換え食品は、個人的にはそれほど関係はないだろうと思っていたのですが、そうではなかったことに気づきました。

家畜の飼料のほとんどが実は、みなそれなんだとか。発がん率が高くなったりするようなんです。農薬や放射能のこともでてきました。それにしても、反対する一部の人たちは、活動的です。

刈り取り隊なんていって、遺伝子組み換えの野菜畑なんぞに出向いて、実際に刈り取っちゃうんです。そのあと、つかまっちゃったりするんですが、かなりのアピール力はある と思いました。

あるいは原発に侵入して、簡単に入れっちゃったよ、なんてやっている。確かに、簡単に入れちゃえば、不心得者なんぞがいれば、簡単に悪さができるっちゅうことですよね。

人の暮らしは、とても便利になってこんな風に、ブログなんかもでき、いい面もたくさんあるんだと思いますが、暴走気味のことも結構あるんだろうな、と、考えさせられる映画でした。  


Posted by プッチ  at 22:56Comments(0)映画とドラマ

2013年11月19日

ノーズパッド



最近、よくかけているメガネです。存在を主張するメガネで、結構好きでカジュアル場面でよくかけています。

でも、不都合な点が…。このフレーム、ノーズパッドがない!のです。何が不便かって、汗ばんだ時、レンズがくもる んです。

ということで、近々、ノーズパッドを作ることにしました。より、快適になればいいんだけど、なんて思っています。  


Posted by プッチ  at 21:11Comments(0)くらし

2013年11月18日

ナラテボー さん



ナラテボーさんのお話と瞑想に参加してきました。

目はあけたままで、手動に集中する瞑想です。なかなかいい感じの落ち着きの気持がやってきます。

呼吸を感じる瞑想も体験してきました。特に吐く息を意識するのだとか。雑念とかわいてきた思いを打ち消すのでなく、そのまま感じておく。フオーカシングともよく似ています。

フオーカシングの先生が、自分と相性のいいものを身につけるといい、と、おっしゃっていました。手動瞑想は、結構いい感じです。しばらく続けてみようかな、なんて思いました。
  


Posted by プッチ  at 22:15Comments(0)きょうよう

2013年11月17日

フエミニズム

なかなか面白い話を聞いてきました。

フエミニストカウンセリングという話です。女性が生き生きと暮らせるために独自のカウンセリングを行っているようで、とても面白いと思いました。

フムフムと思ったところです、

女性が二級市民として扱われてきていることが、女性を生きにくくさせている。じゃあ、一級市民って…?わかってますよね。

三歳までは、母親の手で子どもは育てるべきでしょ。仕事はやめるべきでしょ。教員は、3歳まで育児休暇を取っている人は、結構いましたよ。でも、男(父親)はいなかったなあ。やっぱ、三歳までの育児は女が選ぶ率が、圧倒的に多い、ということかな。

1970年代のウーマンリブ運動は、日本では草の根運動化しなかった。でも、ヨーロッパはこれを契機に変わった。そうなんですね。あのときの活動を、とても汚いものでも観ているかのように語る男の人を何人か知ってますよ。

女性の自殺率は世界第3位。男性は7位。男性は失業がその引き金になっているケースが多いが、女性の場合はその分析は当てはまらない。日本は、自殺者数はとても多いのが現実です。その原因は、経済や労働問題と言われてますが、意外とそれについての分析や、対策は後手後手となっているといわれています。でも、女性の 率は、男性よりも多く、女性の社会的生きにくさを反映しているのかもという分析。フムフムです。

男女参画問題は男性の問題である。そうだと思います。

DVを受ける女性は、DVを我慢するか、貧困を我慢するか。哀しい現実です。3人に1人は、DVの被害者なのだとか。DVを繰り返す夫から逃れても、待っているのは貧困とか。生保受給もどんどん厳しい状況になっているようだし…。でも、この講師の方、今は食いつないでいるけれど、食えなくなったら生保を受けると、きっぱり言明。弱者の救済に全力投球している方のようで、語りも、もちろん学歴も私なんぞより、立派な方です。見事だなあ、と、思ったのでした。  


Posted by プッチ  at 21:58Comments(0)きょうよう

2013年11月14日

HP アップしました。

懸案の、「サンルーム」のホームページをアップしました。

ブログから、HPには行けないんですよね。今度教わってきます。教えてもらうのは、高崎の街の方に行く時の通り道にある、「パレット」さんです。

お値段もお手頃だし、地の利もいいので、便利に利用しています。HPもたくさん教えてもらいましたが、例えば、新聞のアップなどは、自分でできるようになったので、HPも手作りするのがいいと思います。自分のもの、という感じがします。

「コンセプト」や、利用の仕方などを新しく入れました。プロフイールも手直ししました。新聞は30号まで載せる予定ですが、28号でストップしています。今少々、お待ちください。

何年かぶりに「シャコバサボテン」を買いました。何年も生きていて、大概何年も花をつけてくれるので、大好きです。

  


Posted by プッチ  at 20:48Comments(0)サンルーム

2013年11月13日

カール・ロジャーズ



カウンセリングを勉強したことがある人なら、誰でも知っている、カール・ロジャーズです。

諸富祥彦さんが、書いています。とても、面白い本です。この本の存在は知っていましたが、値段も安くはないし…ということで、何となく遠ざかっていました。

近くの本屋さんには在庫がなかったので、アマゾンで新品を購入。なんだかんだ言ってもアマゾンは便利です。頼んだ翌日宅配されました。送料なしです。

ロジャーズは、私と育った家庭環境は、もちろんのこと全く違いますが、人となりは「フムフム共感共感」の箇所がたあくさん。

きっと、心理学やカウンセリングを勉強している人には、こんな感想を持たれる方も多いのだろうな、と、思いつつ読んでいます。  


Posted by プッチ  at 16:35Comments(0)カウンセリング

2013年11月12日

果物~~好き?



果物 好き?ですか。

今朝、食卓にのせた果物、といっても、私一人の朝飯ですが、ちょっと多すぎ?ですよね。

ま、一日食べることになるんですが、一人でたいらげるわけではありません。

リンゴ…蜜入りですよ。種類は何なのかな。ふじかもしれません。

柿…生協で買った柿です。種なしなんです。だから、うすうく切れます。私はやわらかい甘さこってりが好きなんですが、わたしより年上の方たちは、固いのが好きらしくって、やわらかいのは食いもんじゃないような言い方をします。同居暮らしを何十年か続けて、やっと言えるようになりました。やわらかいほうのが好き と。嫁に入るというのはそういうことで、年と共に、自己主張できるようになるもんです。

みかん…大体日の丸みかんなんですが、これは違うかもです。大体生協の宅配でゲットです。宅配は、助かります。

果物は、体を冷やすので加減して食べた方がいい 納得です。みかんは、大体、トースターで焼いて食べてます。


  


Posted by プッチ  at 15:55Comments(0)くらし

2013年11月11日

ハンバーガーと花



このプランターの花は、ハンバーガー屋のドライブスルー通路にありました。

ドライブスルーに迷い込んでしまいました。「勘弁~」と言って、スルーしようと前の車につながっていたんですが、ふと、店の裏口にもあたるスルーの通り道に、プランター植えの花を見つけて、買うことにしました。

コンビニには、プランター類の花はおいてない と、聞いて、愕然としたことがあります。きっと、食品が多いから、虫の類が… ということなんかな、と思いましたが、何とも、殺伐とした気持ちが残ったのでした。

コンビニって、とても便利で、私もよく使うんですが、反面、店先のグリーンや花などは、邪魔なんだろうな、と、思い、納得したのでした。

でも、ハンバーガー屋さんのドライブスルーの通路に、プランターがあったのには、ちょっとびっくり。コンビニと同類の発想のお店と、自分の中ではひとくくりにしていたからです。そんな単純じゃあないんだ。前の車につながってまっている時、ちょっと、気持ちがなごみます。

エビカツバーガーを三百いくらかで買ったのですが、結構おいしかったです。
  


Posted by プッチ  at 22:28Comments(0)くらし

2013年11月07日

よみがえりのレシピ



映画「よみがえりのレシピ」を観てきました。

なかなかいい映画、感動しました。日本で昔から食べられていた在来野菜といわれるものが、どんどん少なくなっているのだとか。

東北地方を中心とした、今はもう、あまり作られなくなった野菜をもう一度よみがえらせて、生活に取り込んでいこうとする、お話です。

どの野菜もそれぞれいい味をしているし、その地方に根差していたものですが、食生活の変化などで、激減していったもののようです。

東北の暮らしが感じられ、またその野菜の持ち味を引き出そうとするシェフのお話が、何とも深い。すごい方だと思います。イタリアンの方 確か奥田さんとおっしゃったと思います。

野菜に寄り添う、という言葉が出てきました。カウンセリングでもよく使う言葉です。カウンセリングも、その方の持ち味を引き出す関係性です。なかなかいい映画でした。  


Posted by プッチ  at 22:45Comments(0)映画とドラマ

2013年11月06日

日没と、雑草と、コスモス少し。

日没が早くなりました。



コスモスは、何本かがさびしく咲き、白い可愛い花の草(もしかしたら、意図的に植えた?)。あの、ブタクサ(正式名? 最近どこにでも生えてるあの、外来種)より、いい。可憐な可愛い花です。久しぶりにはにわの里を歩いてきました。



  


Posted by プッチ  at 21:28Comments(0)くらし

2013年11月05日

姜さんと是枝さん



姜尚中さんと、是枝裕和さんの対談番組の録画を観ました。

話題は「そして父になる」です。是枝さんの子役の撮り方がよくわかりました。

映画の中の子役たち、とても自然です。説明を聞いてなるほど と、思いました。慶太役の子役さん、黒目がちの表情で、自信のなさそうな性格をよく出しています。なんともいえない、かわいらしさがありました。

この対談を通じて、このお二人、お考えがかなり似ている、率直な印象です。

お二人とも、大好きです。是枝さんは、その作品が好きなのですが。  


Posted by プッチ  at 22:46Comments(0)きょうよう

2013年11月01日

今年と去年のぼさ菊

今年買いました。ぼさ菊です。



去年のぼさ菊は、花壇に移植。お手入れをしないと、こんな感じ。しぜ~んです。



去年は、赤茶の菊を買ったのでした。  


Posted by プッチ  at 21:14Comments(0)グリーン