下記の「サンルームへようこそ」の文字をクリックすると、ホームページをご覧になれます。
サンルームへようこそ

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2011年10月31日

ホームページ アップ!

今日、ホームページをアップしました。

「サンルームヘようこそ」hare02

アドレスは

http://sunroom11.web.fc2.com/

まだ、作成途中です。

アップしながら、作成していきま~す。

よろしくお願いしま~す。face02



  


Posted by プッチ  at 23:19Comments(0)

2011年10月30日

飲み放題 ビール!

飲み会で、アルコールを飲むのは久しぶり。face01

田舎暮らしは車が付きまとう。icon17

キリンビールの系列店。

ビールを中心に飲み放題。

料理も、特段珍しいものはないのだけれど、おいしくいただきました。food

産業カウンセラーで、一緒に勉強をした人たちとです。icon06

リラックスして、お話ができる人たちです。face02

私は、赤くならない性質なので、アルコール分解酵素がある?タイプっちゅうこと。?かな。choki01  


Posted by プッチ  at 23:38Comments(0)

2011年10月29日

気功



たまごホール(高崎市社会福祉協議会)の下は体育室。鏡までついています。



霊元功という気功を、教わってきました。いろいろな気功があるものです。気功の先生は、人相がいい人が多いような気がします。何かふっきれているからかな、と思いました。今日の先生も命を、天にゆだねているような感じがしました。  


Posted by プッチ  at 23:39Comments(0)

2011年10月28日

杉板とコスモスと夕日


「サンルーム」の八畳間の床は、厚さ29ミリの杉板の床です。こだわりの一つです。




クロス屋さんのご好意で、物入れの中は生地クロスが比較的安い値段ではってあります。吸湿性があり、物入れの中にはとてもいいそうです。




帰り道に、パチリ。はにわの里は、今コスモスが満開です。



帰り道に、夕日をパチリ。「すてき」です。  


Posted by プッチ  at 23:46Comments(0)

2011年10月27日

韓流ドラマとアメリカドラマ

最近、ツタヤで借りているDVDです。レンタル料は、旧作なので7泊8日、一枚100円です。2,3枚借りてきます。



ピンクのリップステイックは、韓流。復讐劇かな。やや、暗めの展開なので、今一なのですが、あると借ります。一巻一枚しかないのです。

韓流はあり得ない展開が魅力的なんだとか。水戸黄門ファンの心理とよく似ているとか。

プライベート・プラクテイスは、グレイズアナトミーの姉妹版。グレイズアナトミーに出ていた人の転勤先の病院のお話。登場人物はそれぞれに魅力的。韓流と違って、家庭は大体崩壊しています。

米韓のドラマは、それぞれお国柄を表していてとても面白い。アグリベテイーもよく見ていましたが、これは終了するようですね。ちと残念です。


  


Posted by プッチ  at 23:47Comments(0)

2011年10月26日

映画 2本





「チェルノブイリハート」と「小さな哲学者たち」最近見た映画です。

両方とも、子どもが主人公です。ドキュメンタリーですが。

「チェルノブイリ」の被曝後遺症は、まだ終わっていない。わかっていたつもりでも、映像で見せられると、原発事故の悲惨さを再認識します。

「チェルノブイリハート」なんて、心温まるお話かと思いきや、ハートは、心臓のことでした。心臓に穴が開いていたりとかの病気に苦しむ子どもたちが、多いのだとか。私が想像していたのよりは、ずっと貧しい地域。

おそらく日本にいたら日本の医療で助かる子たちも、300ドルのゴアテックスの、心臓の穴をふさぐものが入手できず、手遅れになってしまうようです。

「小さな哲学者たち」これは、フランスの幼稚園での哲学教育のドキュメンタリーです。考え、意見を言うことの教育です。

二つの映画には、たくさんの子どもたちが出ていました。ほぼ同年代に生きている子どもたちの事実です。どちらの映画に出ている子どもたちも、眼は美しい、こんな感想しか書けないのでした。  


Posted by プッチ  at 23:38Comments(0)

2011年10月25日

サンルーム 11,11開設  11,25開業!

 「サンルーム」 hare02  11月11日開設。
               11月25日開業。

 開設は、設えができる日。開業は始める日です。mark02

 25日は、新月の日、事を新たに始めるのには新月がいいのだとか。お天道様はお見通し、ということで、「サンルーム」の工事状況もこの日程でちょうどいいのです。

 近々、ホームページをアップします。そちらも覗いてください。新聞を定期的に出そうと思います。新聞の創刊号にコンセプト 利用の仕方などをのせようと思います。

 このブログでも、現在進行形のことを載せますので、ご意見お聞かせください。choki01





  


Posted by プッチ  at 23:23Comments(0)

2011年10月24日

産業カウンセラーの講習終了!

産業カウンセラーの講習が終わりました。

試験は来年です。

収穫
 ・カウンセリングの技法(技術)が学べた。

 ・12,3人、一グループの編成です。この人たちとの出会い。協会のほうで
  編成したグループですが、年齢などそれなりに考えた編成です。
  
 大きな収穫はこの2点。今までにも試験の合格者はたくさんいるようですが、実際にカウンセリング業務をしているのは、ごくわずかのようです。この資格を生かした仕事をしている方もそれほどおおくなさそう。

 講習料は20万5千円。受験料は別に3万5千円いります。受験料は高いと思いますが講習料は 20日間で1日6,7時間ですから、高くはないと思います。

 各グループに指導者、4人がつきます。この方たちも卒業生です。

 座学としてカウンセリングを勉強したい人には向かないと思います。学者の講義は2人だけです。

 カウンセリング と名前がついているので、自分の心探しなんて思って参加すると、ショックがあるかもしれません。技法を学習する時間が長いので、指導者から、ダメ出しをされます。異論をさしはさむゆとりのないダメだしのされ方の時もあり、個々人を育てるというより、カリキュラムをこなす、今の大方の学校教育の課程に似ているところがあります。

 ただ、異業種 異年齢の受講者との出会いは、とても楽しいものがあるし、学びもあります。学習意欲のある方たちなので、それぞれに魅力的です。

 来年度受講を考えているなどで、情報がほしい方は提供をしますので、お知らせください。





 最後の講習の日の宴会での余興です。受講中は指導者も交えて「飲み会」をすることを、勧められます。  


Posted by プッチ  at 23:55Comments(0)

2011年10月22日

産土は榛名神社!



榛名神社の山は、霧の中。小雨模様だったので、霧がかかってました。



榛名神社に参拝に行ってきました。ここ、本殿ではありません。



 神楽殿での祭事は何回も見に行こうと思っていて、でも、行かなかったのです。榛名神社参拝は、本当に久しぶりです。

 運動不足の体を、動かしながらの参拝です。ひざはガタガタ、ハーフーハーフー心臓もガタガタです。決して天気はいい日ではないのに、人出は多い。

 心落ち着く神社です。山の奥まったところにあります。戸隠とはまた違った趣。私の産土神社。光栄です。また参拝に来ようと思います。  


Posted by プッチ  at 23:45Comments(0)

2011年10月21日

八幡町 「サンルーム」改装中!


トイレが仕上がりました。




トイレの中にある、洗面所です。





「パテ」というのだそうです。この上にクロスがはられます。
八幡町 「サンルーム」は、ただいま改装中!  


Posted by プッチ  at 23:03Comments(0)

2011年10月20日

キーワードは、地域?にぎわい?

NHK TV 「クローズアップ現代」

録画TVを見ていました。

地域自給…未来を先取りした姿。
F…食  E…エネルギー C…ケアー

食は、安い国から買えばいいという考え方は遅れている。
エネルギーは、高度な技術が必要でそこから雇用も生まれる。

 新たな、社会の転換期に来ているのだそうな。働き甲斐と社会的有用性とが一致して、労働の尊厳が生まれるとか。

 うなずきながら見ていました。納得です。社会の理想的な形の一つに地域循環型社会があるのだと思います。何年も前から、その考え方のもと歩んでいる人たちもいるとか。内橋さんが、「縄文時代にもどる。ということではないのですよ。」といってましたが、成熟した社会の一つのかたちなのだろうと思います。

 この番組のTVに出ている人たちで、全員ではありませんが、確かな面構えをしている方たちもいました。ある程度年を重ねると、生き様が、その人が放つオーラのようなものに、出てくるような気がします。少しは、感じ取れるようになってきました。

   


Posted by プッチ  at 23:26Comments(0)

2011年10月19日

きのう、今日 大間々行!

 大間々まで、混んでなければ、車で一時間15分くらい。高速は使いません。インターまで、三十分くらいかかるので、県道をのろのろ行きます。32,3キロの距離です。

 ちょっと雰囲気のある建物。レストラン風ですが、そうではありませんでした。大間々の町中にありました。



 壁には、カラフル壁画が。



 美しい、包装の乾麺が、たくさん並んでいました。贈答品を中心にした乾麺(手振りうどん)のショールームでした。
  


Posted by プッチ  at 23:49Comments(0)

2011年10月19日

耐震工事も あと 少し!

2回目の挑戦。日付が変わってしまったよ。前のは公開する前に消えてしまった。




 耐震合板の工事が終わったものです。釘の品番や、打ち方、合板の種類まで、決まっているようです。
 
 比較的安く工事費を収めるため、大工さんの手仕事を増やし、工場生産の規格品を使わなかったようです。手仕事にお金がまわるのは、いいことです。

 市の建築家の方もチェックを入れたようなので、数値上は震度7まで耐えられるようになるのだとか。実際の災害は、予想外のことが起こることもよーくわかってますが。
 

 


庭には、柿の実がたわわに。葉っぱは、ほとんどありません。  


Posted by プッチ  at 00:16Comments(0)

2011年10月17日

悲しみは水に流さず~北山修さん~

 日本人がよく使う言葉、「すみません」から話は始りました。三井ホールでのアカデミックシアター、北山修さんです。

 震災のことともからめて
    
 ・祓い清めずそこにおいておくこと。
 ・片付かないものをそこにおいておくこと。
 ・「分からない」まま、そこにいること。
 ・あわてず、だらだら死ぬこと。
 ・あわてず、ゆるゆると生きていくこと。

 悲しみは、みずに流さないで、そこに置いておくんだよ、ということなのでしょうか。

 何となくわかるような気がしますが、すぐ何とかしなくっちゃ、と思う時もあったりします。置いておけるものは、置いておくことにすることが、最近はよくあります。

 団塊の世代は、これから年寄りになっていくと、迷惑をかけることが多くなってくるから、はやくいなくなることが、日本の美学なのではないか、という質問に、選択は文化でするのではない、選択は 私 がする、いさぎよく去らない、いろいろな生き方がある、というようなお答え。

 会場からすかさず拍手が。

 アカデミックな精神分析的な話も多かったのですが、かたくならず緩やかな感じがとてもいい感じ。杉田二郎さんの歌声もすてきでした。

   


Posted by プッチ  at 23:39Comments(3)

2011年10月16日

日本橋で。

日本橋です。



下には、川が。そして、船が。



「COREDO 室町」というビルが、日本橋にあります。「三越」のすぐ近くです。

 




 北山修さんの、アカデミックシアターが、「COREDO 室町」の中にある、三井ホールでありました。満席です。

 昨日のことです。車で高速を乗り継いで行きました。首都高は、ビル群の中のジェットコースターのよう。観光バスは経験ありですが、乗用車は初めて。

行きは、渋滞全くなしで、20分くらいの途中休憩を入れて、2時間40分くらい。帰りは、首都高がのろのろでしたから、プラス、3,40分。

 二人だったので、金額だけ比べれば新幹線を使うのより安い。でも、荻窪は車がグッドだけれど、都心は電車が…と私は、思います。

 なんたって、駐車場がない。高い。混んでない首都高は、スリル満点だったけど、ナビの画面と音声に全神経集中だったのです。

 北山さんの話は、またの機会に。  


Posted by プッチ  at 23:54Comments(0)

2011年10月14日

コスモスと…そしてひまわりと。

はにわの里は、コスモスがとてもきれい。



どういうわけか、ひまわりも一緒に咲いています。カラフルモードで、美しいですが、温暖化を利用しての栽培なのでしょうか。?です。

  


Posted by プッチ  at 23:39Comments(0)

2011年10月13日

いやしのツール!



 「ホツマ文字」というのがあるのだそうです。お椀をふせたような線画が、「木」とか。これを、腕とか足のツボに書いて、さすったりもんだりするのだとか。気功といおうか、鍼灸といおうか、「気」の流れを整えて、日ごろの体調管理に使うようです。

 



 これは、中にアロマの香りが、入っています。お茶パックに木くずを入れて、その中に、アロマの精油をしみこませました。使った精油はフランキンセンス(またの名を、オリバナム、乳香) と ジュニパーベリー。

 手軽に香りを楽しめます。癒しのツールです。

 帯津良一さんは、気功でも、ヨガでも、瞑想のようなものでも、何か相性の合う健康法を実践すると、元気に暮らせるといっていたと思います。

 「時空」のDVDを見ながら、やってみようと思います。まじかで一緒に気功をやったことがあります。大学の公開講座だったと思います。どこか、懐かしい雰囲気のある方でした。話は感動的でとてもわかりやすい。お医者さんというより、哲学者のような話でした。3,4回聞いたことがあります。  


Posted by プッチ  at 23:20Comments(0)

2011年10月12日

帯津 良一さん

 帯津良一さん、知る人ぞ知る名医です。そんなに勉強してるわけでもないけど、今のところ、帯津さんの死生観が一番しっくりきます。サイン本も2冊ほどあり、追っかける人の一人です。



 ちょっと時間があったので、本屋にお立ち寄り。買いたくなるから本屋は、できるだけ寄らないのだけれど、フラっと寄ってしまいました。そして、「時空」のDVDに、魅せられ買っちまいました。



 「時空」は、気功?です。東洋医学もホメオパシーも手かざしなんていうのも、OKという、懐の深いお医者さんで、ご自身は西洋医学の外科の名医で、手術をたくさんしていた方です。

 こんな風に書くと、浅薄なお医者さんになってしまいそうなので、関心のある方は、読書してください。戸田書店や、ブックマンアカデミーズの類の本屋さんなら、必ずあります。た~くさん本を出しています。

 そんなわけで、久しぶりに帯津さんの「虚空」の文字を目にして、心しっとり。でも、体は2週間ぶりのカーブスで、あちこち いたっ なのです。

  


Posted by プッチ  at 23:24Comments(0)

2011年10月11日

天井からコードが… 耐震工事中



トイレと洗面所がある場所の天井から、電気コードが……。

当たり前ですよね。こんな光景めったに見ない私には、感動物。



大工さんが今日から入りました。耐震合板を入れてくれます。
工事をしてくれるのは、思高建設さんです。耐震改築の設計と見積もりをしてもらい、予算範囲内だったのでお願いしました。

思高建設さんのホームページのブログに今日のっているのが、工事中の八幡の家。北側の一部です。改築と言っても、外見では、わかりにくい、中が中心です。  


Posted by プッチ  at 23:32Comments(0)

2011年10月10日

今日は 何の日?

今日は、何の日?
秋祭りの日なんだそうです。
というわけで、姑が赤飯を炊きました。私は、食べる人です。



 姑は、大正15年生まれ、「クタビレタア」なんて言葉は、聞いたことがありません。精神力?性格?体力?どれも関係ありなんでしょうね。

 自分なりに我慢しているつもりでも、「コシいてえ」「くたびれたあ」を、連発する私とは対象的。

 じっと我慢し続ける人、我慢しなくても大丈夫な頑強な人、そこまで自分を努力で磨く人、そんな人を尊敬しますが、すぐ弱音を吐く人を、私は大好きです。

   


Posted by プッチ  at 23:27Comments(0)