下記の「サンルームへようこそ」の文字をクリックすると、ホームページをご覧になれます。
サンルームへようこそ

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2011年08月31日

今 使っている バッチ

2,3にち前から、使っているバッチ。

クレマチス、ミムラス、スイートチェストナット、ウイロー

バッチフラワーレメデイのことです。今使っているのは、この4種類。

私が勉強したのと違う方法の選び方で選びました。フムフム、結構いい感じの組み合わせです。

「クレマチス」空想癖があり現実感のない方に、いいと言われているレメデイです。無関係と思っていたレメデイですが、最近、納得しています。私の一面です。






  


Posted by プッチ  at 23:45Comments(5)

2011年08月30日

一枚のハガキ

映画「一枚のハガキ」を見てきました。

新藤兼人監督の作品です。自身最後の作品と言っています。

戦争に翻弄された人を描いてます。自伝ということです。なかなかいい映画だと思いました。

先日、BSを見ていて、「むの たけじ(?)」(ちがったかな)へのインタビューがありました。太平洋戦争を取材していた、新聞記者だったそうです。

気が付いたら、いつの間にか戦争に組み込まれていて、いつの間にか本当のことは、書かない記者になっていて…というようなことを言っていました。新聞社自体にも自主規制が働いていたようです。

ネット社会は、かつてのような歩みに歯止めをかけるものであってほしいと思います。悪いところもたくさんあると思いますが、IT関係はもしかしたら、いつのまにか戦争に突入していったあの頃とは、違う歩みのできるツールのような気もします。だったらいいな、と思います。


  


Posted by プッチ  at 23:26Comments(0)

2011年08月29日

赤ちゃんは、避難。

face06 「知り合いの赤ちゃんとお母さん、実家が九州なんで今、実家にいるんです。」

face09「考えすぎかとも思ったんですけど、娘と赤ちゃん、関西に避難させたんです。」

face10「東京に嫁がいるんですけど、子どもをつくろうか考え中といってるんです。」

世間話の中で、こんな話題が、出てくるようになりました。大変な時代になったものです。

約60年生きていても、命の安全を確保するために、長期的に避難を考える、新しい命の誕生を、住環境を理由に迷う、なんて時代が来るとは思ってもいませんでした。

大変重い事実なのですが、悩みこんでいても仕方ない。これをばねに何かを、ゲットできれば、なんて思います。

大変有名な、食材を吟味しているレストランも、食材の入手産地を限定しているようです。オーナーは、脱原発のお考えの方なので、さぞかしつらかろうと思います。

民主党の新代表が決まったとか。誰がなっても…なんて、あきらめのようなものがありますが、少しでも、明るい方向性がみえるといいですね。  


Posted by プッチ  at 23:32Comments(2)

2011年08月28日

キャリアは轍(わだち)

今日は、キャリア・カウンセリングと、労働法規の勉強をしてきました。

数年前から、小学校でもキャリア教育という言葉が使われるようになりました。

キャリアの定義は、「人生を通じた自己発達の過程の中の、働くことを通じて得られる人間的成長や自己実現」

職業の必要条件は、収入・継続・公共福祉に反しない・個人の意思決定の4点とか。

講師の先生の話は楽しかったのですが、やや専門的で、難しかったです。

産業カウンセラーの次のステップとして、キャリアカウンセラー、キャリアコンサルテイングがあるのだとか。基本は、カウンセリングの一般的能力(受容、共感、自己一致)とのことでした。

フムフムです。受容 共感は、納得ですが、自己一致はわかったようなわからないような、という段階です。

  


Posted by プッチ  at 23:15Comments(0)

2011年08月27日

ブドウのジャム

果物が余りそうになると、ジャムに挑戦します。はちみつを入れて弱火で煮るのですが……。

ブドウ(デラウエア)は、煮てもくたくたになってくれない。煮れば煮るほど粒を主張してくる感じ。ペクチンを溶かして入れたら、冷蔵庫の中で、寒天のようになっていました。

味は、まあまあ。ヨーグルトにのせて食べました。



ジャムをつくったつもり。

  


Posted by プッチ  at 23:24Comments(0)

2011年08月26日

グリーンカーテンの会場で。

阿部一理さんのお話が、たまごホールでありました。先月に続き2回目です。

以下心に残ったことです。

原発について。
・命が捨てられていく。
・「困ったわねえ」くらいの調子で語られ、声を上げない人が多い。
・福島原発を話せば話すほど、ひどい状況の人が浮き彫りになっていく。
・矛盾をかかえながら、原発については、話していかなくてはならない。
・原発反対と声を上げない人が多い。日本はだめかもしれない。


阿部さんは 食 についての、研究家です。味噌を食べよう、砂糖はとらない。冷たいものは、体をダメにする、と、力説します。

浄水器の話、プランターの話、気を整える話、などなど多岐にわたります。

しゃれをたくさん入れて飽きさせないお話でした。

原発についてだけは、はっきりした立ち位置を持っていた菅さんがやめて、日本の原発は、どこにいくのでしょうか。

たくさんの子どもたちが、自主的に、福島を離れている現実、これから何年も放射能にさらされていく現実、「困ったわねえ~」では、済まされないのでしょう。声を上げ、そして、冷静な行動につなげていかなくてはならないのだろうな、と思ったのでした。





葉っぱも、枯れ始めています。真ん中の水滴は、ゲリラ豪雨の痕跡です。ガラス窓にくっついていました。  


Posted by プッチ  at 23:53Comments(0)

2011年08月25日

Dig聞いてました。

ラジオは、たまに聞きます。

TVは、録画したものを見ています。リアルタイムは、たまにニュースを見るくらいです。

TBSラジオのDigに、永 六輔さんが出ていました。大好きです。こんばんは長い時間、しゃべってくれました。

はがきや手紙は、ポストまで行って投かんして、郵便屋さんが集めて配達してなど、暮らしが見えるので、大切にしている、と言ってました。
電磁波のことは、ずいぶん前から心配していました。先日、WHOから、携帯電話の電磁波の発がん性の危険性が発表されましたよね。

ラジオは、録音の仕方を知りません。TVはもっぱら、録画なのにラジオは、リアルタイムです。

録音できる機種や、仕方を知っている人がいたら教えてください。聞きたいのをたくさん聞き逃しています。


  


Posted by プッチ  at 00:01Comments(2)

2011年08月23日

田んぼ道ウオーク

ここ幾日か涼しいので、田んぼ道を散歩しました。

イオンウオークもいいけど、田んぼ道もいい。さわやかさは、田んぼ道に軍配が上がります。

稲には、花が……。

紳助さんのニュースを横目で見ながら……。



  


Posted by プッチ  at 23:25Comments(0)

2011年08月22日

人間関係

昨日の産業カウンセラーの講義でのデータです。サラリーマンの悩みのトップは、「人間関係」。

勤務時間とか仕事量とかをおさえて1位です。ハラスメント類もこの中に入ります。

自殺した方のご遺族が丹念な聞き取りをして、訴訟に勝った例が紹介されました。パワーハラスメントがあったそうです。ひどい言葉が紹介されました。

私は、学校に長年勤めましたが、聖職という人がいるような職場でも例外ではない事実があると思います。

そんな状況に自分があると認識した時、……。どうしたらいいか。加害者である時より、被害者である時が心配です。

被害者である時、その方のエネルギーの度合いによって対応は違う。と思いますが、とにかく、自分を責めない、SOSを言動化する、…状況が変わる一歩が始まると思います。意外と身近に、理解者がいたりします。

最近は、職場の「ゲートキーパー」を、配置するところが増えているとか。早期対応の中心的役割を果たす人材だそうです。

学校という職場は?残念ながら、そのようなポジションンの方はいなかった。と、思うのですが。バランス感覚の見える人格者には出会いましたが。

  


Posted by プッチ  at 23:47Comments(0)

2011年08月21日

だらだら生きる

「だらだら生きる」北山修さんがよく使う言葉です。

同感、好きな言葉の一つです。

今日は、「産業カウンセラー」の講義を聴く日です。

自殺者数3万人突破。もう、13年連続とか。今年も前半で1万5千人を突破したそうな。

外国の学者さんで、日本の自殺者数の高さを「自殺は日本の文化の一部」と言っている方がいるそうです。腹切りの文化、死んで責任をとるといったような文化を、皮肉っているのでしょうか。

この自殺者数は、10万人当たりで比較して、先進諸国中だと1位、世界104か国の中では、6位だそうです。自慢できる順番ではないですよね。

「だらだら生きる」私は、だらだら、のろのろとマイペースで生きています。自死した加藤和彦さんに送る歌を、きたやまおさむさんは作っています。心に響く詞です。またの機会に紹介します。











ちょっと、心が疲れたなあ、と感じたら、SOSを出しましょう。今は、いろいろなところが、SOSをキャッチしてくれます。守秘の義務は固いはずです。

だらだら、のろのろ生きましょう。

  


Posted by プッチ  at 23:30Comments(0)

2011年08月20日

ハッピー・バースデイ

お寿司と、ケーキと、茄子の漬物と…。ごちそうがいっぱい。59歳です。実際は13日だったのですが、一週間遅れの誕生会face05でした。





残念!ケーキの写真は はいらない。  


Posted by プッチ  at 23:51Comments(2)

2011年08月19日

エゴ グラム

交流分析の学習の一環として、「エゴグラム」をしました。

わたくし、山形。逆V字。かなり険しい山形です。ま、今の私っていうとこですが。

心理テスト系は、以前より関心がなくなりました。「それがどうした」みたいに結構冷めているわたくしがいたりします。

一つの指標としては価値のあるものかも、と思います。あるのを知らないより知っていた方が、いい……。 そんな感じです。

  


Posted by プッチ  at 23:25Comments(0)

2011年08月18日

昭和庁舎



県庁の昭和庁舎です。

NHKカルチャーの講習会場になります。年代物でなかなか重厚感のある建物。

今日は、前橋36度。外は暑くぐったりの日です。昭和庁舎は、とても涼しく、上着を持っていかなかったのを後悔しました。節電モードの世の中ですが、冷房も、一昔前を味わってきました。

  


Posted by プッチ  at 23:25Comments(0)

2011年08月17日

心の被曝

ニュース23に五木寛之が出ていました。

さすが文学者、原発問題を「心の被曝」と言っていました。

・これから、数十年間日本は放射能の被害を受け続ける。放射能時代の幕開け。

・政治、報道、科学者が信じられないことが、わかった。

・自分たちの判断力で今日一日を必死に生きる。これは、一つの希望で横のつながりを大切に思う時代になった。

・「民」は、目に針をさす という意味がある。民主主義とか、民意 など、「民」がつく言葉をあまり信じない。

最近は字が大きいものが多く、読みやすい本を出す小説家です。若いころは、小説を何冊か読みました。中でも「内灘夫人」(違ったかな)が好きです。

最近は人生ものを何冊か読みました。「心の被曝」うまいことを言うもんだな、と思いました。五木さんが言っていた、希望 横の連帯が広がる社会になれば、…と思います。




  


Posted by プッチ  at 23:40Comments(0)

2011年08月16日

疲れが、今頃…… スピリチュアル・リテラシー その3

13、14のワークショップの疲れが、今頃出てきました。年々後になって疲れが出てきます。今日は、かったるくて、微熱ある?状態。検温して本当に熱があると、あわてるので、通院しよう と決意するまでは、熱は測りません。

諸富さんのスピリチャル・リテラシーの続きです。このブログに書くために読み直すと、なかなかおもしろいです。

・スピリチュアリテイーの在り方で大切なこと。①「反論可能性」や「対話可能性」に開かれていること。「とにかく、私のいうことは信じなさい。」と追いかけてくるようなあり方は健全ではない。

②本人が依存するのでなく自立を促進していくもの。人間の弱さに付け込んでそこから抜け出せないように囲んでしまう人たちがいる。

・キーワードは、「自己成長」 本人が、自分の人生をかけて、こころの底から納得し、こころの深いところで「自己決定」し、「自己選択」したものしか、その人の人生に役立つものにはなりえない。

・基本的なスタンスは、洗脳や説得や脅しではなく、たましいの深いところでの自己選択の支援であり、そのサポートができる、資格がアメリカにはある。


昨日に引き続き、私のわかったところの抜粋です。フムフムです。

右肩から首が張っていて、持病の耳鳴りがすごい。明日は、少しは楽になっているかな。丹田呼吸で、自己流気の整えをして、寝ることにします。


  


Posted by プッチ  at 23:40Comments(0)

2011年08月15日

スピリチュアル・リテラシー その2

諸富さんのスピリチュアルについての考えの続きです。

・重要な概念は「たましいの自己探求」「たましいの自己成長」。あやしいですね。科学合理主義的な見地から見れば、「スピリチュアル」も「たましいの自己成長」も、観察不可能で、実証不可能で、「あやしい」と断罪されておしまいかもしれません。

・しかし、有史以来人間は、宗教や神秘主義的な伝統で一貫して、スピリチュアリテイーや、たましいの問題を探求し続けてきた。

・人間の存在が幸福を享受し続けることができるためには、「スピリチュアリテイー」とか、「たましい」といった言葉でしか言い表せない、「見えない次元」と関わっていくことが、不可欠。

・どんなに近代科学が発達しても解決することができない実存的な問題、「どうして私は生まれてこなくてはならなかったの?」とか「生きることのいみがわからない。」といった切実な問題に深いところで答えていくためには、「スピリチュアルな観点」がどうしても必要になる。

以上、諸富さんの「スピリチュアル・リテラシー」という文に書かれていたことの中から、私が分かったことです。

私は、4年ほど前からトランス・パーソナル心理学会の会員だったのですが、あやしい 感じがぬぐえず、「なんだかなあ」という思いでいました。

2年間で、会費 8千円なので、勤めているときはそれほどの負担感はなく、たまに届く会報をななめ読みしていました。

諸富さんの名前は、たとえば、学校の先生がよく使う QU などの推薦文で知っていました。

先月のワークショップで、話のうまさにびっくりしたのですが、なによりお話をしていることで、ご自身が成長しているような印象を受けました。

ちなみに、トランスパーソナル学会は、会費さえ払えば入れる学会なんです。

8月のワークショップは、何と「浅草寺」の隣だったのでした。




  


Posted by プッチ  at 23:40Comments(0)

2011年08月15日

スピリチュアル・リテラシー

諸富祥彦さんのワークショップに行ってきました。お盆バージョンということで、場所は浅草寺の隣。台東区の区民会館。(都立産業貿易センターとも書いてありました。)

参加人数は、7.80人。結構たくさんの方の参加です。

ワークショップということなので、聴講だけではなく、自分でも実習します。実習もそれなりに楽しいのですが、合間合間にされる、講義が勉強になりました。

いくつか紹介します。おつきあいください。

・「スピリチュアル・リテラシー」、諸富さんの造語。怪しげな霊感商法や占いから、一定の距離をとって上手に関わる能力を現代人は必要としている。この能力のことを「スピリチュアル・リテラシー」という。

・「前世の因縁」などといって、自己反省などを強いることなどを残念に思う。だまされる方にも、学びがひつようである。


てな、調子でお話はすすみます。なかなか説得力がありました。とても明るい感じを受ける、楽しい講義なのですがやはり、学者さんなのだ、と思いました。






  


Posted by プッチ  at 00:09Comments(0)

2011年08月12日

お盆バージョンワークショップ

明日 明後日とワークショップに行ってきます。

お盆バージョンとかで、やや怪しげです。

諸富先生のワークショップなので、きっと楽しいと思います。この前一日だけ参加したワークショップでの、諸富先生

「ぼく、マイケル」が印象的。

残暑厳しき折、なので、無理しないで参加してきます。  


Posted by プッチ  at 23:47Comments(0)

2011年08月11日

今日の紅茶

今日の紅茶はテイースカッシュとキャンブリックテイー

茶葉は「ケニア」

先に4倍の濃さの紅茶を作っておきます。蒸らし時間も15分。通常の紅茶の5倍の長さ。

テイースカッシュは、シュガーシロップとレモン汁と紅茶とソーダ。冷たいお茶なので、氷も使います。

キャンブリックテイーは、はちみつと紅茶と牛乳

冷たいお茶はどちらかというと苦手なのですが、テイースカッシュは、さわやかな味。とてもおいしい。

若林先生の紅茶教室はいつも手作りのお菓子がつきます。今日は、スコーン。プレーンとかぼちゃ。これもおいしいのでした。  


Posted by プッチ  at 23:03Comments(2)

2011年08月10日

湯ノ沢トンネル

9時半出発 5年前のナビで目的地まで74キロ 到着時刻12時10分

その時の外気温37度 「やめるか。やっぱり」なんて言いながら、でも出発。

上野村にある木工作品の展示場「こかげ」が目的地。丸山工房の丸山さんがいれば、お話を聞いてこようと、出発。

丸山さんが富岡、下仁田のコースを教えてくれて、ナビの音声案内はうるさいので消す。下仁田について再度スイッチオン。なんと到着時刻は、11時40分に。外気温は33度。

それからは、もっぱら道路標示が助っ人。車はナビの画面では、空中を飛んでいる。でも、湯ノ沢トンネルは、点線。どんどん到着時刻は早まり、11時10分頃到着。上野村は、近くなった!

来てよかった。木工作品が展示してある「こかげ」をのぞいて、丸山さんの作業場に。手作り椅子を注文してきました。





「こかげ」は、山がすぐ近く。隣のお店はお土産などを売っていました。十石味噌も。

  


Posted by プッチ  at 23:36Comments(0)